宝飾用ダイヤモンドはなぜ価値が高いのか

ダイヤモンドの価格が高いことは世界中の人が知っています。

しかし、その理由を知っている人は少ない。

特に男性はダイヤモンドをはじめて手に取るのは婚約指輪を購入する時なんて人が多いのです。

ダイヤモンドを投資対象として検討する場合は、ダイヤモンドの査定基準を知る必要があります。

4C

ダイヤモンドは、4Cと呼ばれる4つの基準をベースに査定されます。

4Cとは、ダイヤモンドの個性とも言えるColor, Clarity, Cut, and Carat Weightのことで、それぞれの頭文字をとって、そう呼ばれています。

Color
無色透明に近いほどダイヤモンドの希少価値は高くなります。
Colorの等級は、無色透明の[D]を最高としています。黄色みを帯びるに従って価値は低くなります。全23段階に分けられます。

Clarity
Clarityは専門家が適正な光源のもとで10倍のルーペで調べて決定します。光の通過を邪魔する内包物やキズが全く認められないものを最 高の [FL]クラスとしています。内包物の数により11段階に分かれます。

Cut
cutはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態を表しています。
Color, Clarity,Caratは自然が決定しますが、ダイヤモンドに輝きを与えるのは熟練したカット職人の技です。

日本のダイヤモンドのカット技術は非常に高く、日本の還流品が人気が高い理由の一つです。

最新の技術と経験に裏付けられた職人技によってバランスよくカットされたダイヤモンドは、光をよく取り込み、きらめきを増幅させ、限りなく価 値を 高めます。

代表的なカットはラウンド ブリリアントカットです。

proportion(カットの総合評価)及び、polish(表面の研磨仕上げ状態)とsymmetry(対称性)によって評価されます。
最高の「Excellent」からグレードの順位が決定します。

Carat Weight
caratは、ダイヤモンドの重さの単位。
1caratは0.2gです。
一般的に、caratが増すほど高価になる。

ダイヤモンドの価値はcaratだけで決定されるわけではありません。
Color, Clarity, Cut,Caratが総合して優れていることが、ダイヤモンドの美しさを決定するのです。

このように、ひとつひとつのダイヤモンドは、この4Cのコンビネーションによる異なる特徴と美しさを備えています。

4Cでグレードが上がると、稀少性が高くなり価格が高騰します。

同じcaratのダイヤモンドリングでも素材と加工の品質によっては極端な場合は、10倍以上の価格差があります。

価格は宝石の品質と作りの善し悪しを見極めて、その価値にふさわしいかどうかで決まるのです。

原石の見極め

ダイヤモンドの原石を購入する上で最大のリスクとして挙げられるのは、inclusionです。

表面が曇っていたり、コーディングされて内部が見えない原石は、まず表面に穴を開けて内部を観察し、inclusionの影響を判断します。

原石は購入してからでないと穴を開けることができません。
ですからダイヤモンドにどのくらいinclusionが存在するかについては推測するしかありません。

原石を購入する時点から、ダイヤモンドは高いリスクを抱えているのです。

研磨の工程
ダイヤモンドには、数種類のカットの種類があります。

その中で一番価値が高いのはRound brilliant cutです。

XIDの担保として購入しているダイヤモンドは、すべてRound brilliant cutのルースダイヤモンドです。

ダイヤモンドの原石が、Round brilliant cutになるまでには5つの工程が必要です。

1.Octahedron 2.Sawing→Bruiting 3.Blocking 4.Brilliant Tearing

ダイヤモンドは原石から最初の正八面体にするまでも大変な作業になります。

原石には、inclusionがあります。

このinclusionの位置を計算して加工しなければなりません。

ダイヤモンドの価値は、caratの二乗に比例するので、大きいほど価値が高くなります。

しかし、inclusionの位置によっては、原石を二分して2つのRound brilliant cutのダイヤモンドにすることもあります。

2つにするれば、ダイヤモンドは小さくなるので価値は低くなります。

ダイヤモンドの研磨は、ダイヤモンドの価値を高くするために、あらゆる角度から原石を検証することから始まるのです。

ダイヤモンドは大きいほど価値が高くなる

10.8caratを超える原石は+10.8と呼ばれており、大粒のダイヤモンドとして特別扱いされています。

大粒の原石として識別される基準が10.8caratと半端な数字の理由は、研磨されて5caratのダイヤモンドとなる可能性をもつ最低ラ イン であるからです。

10.8caratを超える原石は毎年世界中から産出されるダイヤモンドの重量でわずか1%ですから、とても希少。

5carat以上のダイヤモンドの研磨は金銭的なリスクも大きいため取り扱うことができるディーラーやカッターは限られます。

大きく高額な原石は買い付けから研磨まで特別なルートを歩む。
だから、ダイヤモンドの価値はcaratの二乗に比例するのです。

関連記事

ダイヤモンドの価値は年々上昇している
日本産還流品ダイヤモンドの価値が高い理由
日本のダイヤモンドは世界中のバイヤーが狙っている
東京で開催されるダイヤモンドオークション
検査証と鑑定証

Back to top of page